コースナビ

その道のプロと行く! 超マニアックな隅田川の橋巡り 〜第2回 清洲橋から勝鬨橋〜
~隅田川の橋~

その道のプロと行く! 超マニアックな隅田川の橋巡り 〜第2回 清洲橋から勝鬨橋〜
~隅田川の橋~

コース概要

大型の構造物はときにその大きさにも関わらず、視界に入ってはいても意識の外にその存在が追いやられてしまうことがある。ところが、ひとたびその構造物を意識した途端、その存在感は増し、街の風景はガラリと変わる。
そのひとつに橋がある。今回、隅田川に架かる橋を巡ったのだが、普段、何気なく渡っていた橋の歴史や構造について知れば知るほど、その細部までが気になり、気になるどころか、「美しい」とすら思えてしまうのである。
そうした新たな“美意識”への道案内として、今回は橋のプロにガイドをお願いした。明治41年創業、橋梁建設の老舗であり、最先端技術で数多くの橋を手がけている宮地エンジニアリング株式会社の執行役員で、千葉工場生産管理部長の河西龍彦さんだ。
河西さんは、土木業界のアカデミー賞といわれる権威ある土木学会田中賞・作品部門の受賞経験もある方なのだが、物腰はいたって柔らかく、橋への愛情が、橋を眺めるときの目つきや話しぶりにも滲み出ているのである。
この強力な助っ人を得て走る隅田川橋ライド後編をお送りする!

走行距離 約5km 所要時間 約2時間
お手軽度
5
地域 東京都東部
天気 晴れ 気温 30℃

コースおすすめスポット

コース案内

橋ライドの前編では白髭橋から蔵前橋までを順に巡った一行。今回は、清洲橋からのスタートとなるが、女橋と呼ばれる清洲橋を少し離れた場所から眺めることができる“ヒミツのスポット”があるというので、まずはそのスポットへ。美しい眺めを堪能してから、清洲橋、永代橋、中央大橋、勝鬨橋と隅田川橋梁群のなかでも人気の高い橋を巡る。

清洲橋の隠れた鑑賞スポット「ケルンの眺め」

オススメ度 5

清洲橋へ向かう前に立ち寄ったのは、清洲橋の流麗な姿をじっくりと堪能できるという“ヒミツのスポット”。そのスポットとは、小名木川にかかる萬年橋のたもとから隅田川テラスへ降りた広場で、案内板には「ケルンの眺め」とある。
「清洲橋は関東大震災からの復興の象徴として造られた橋で、とにかくかっこいい橋にしようと永代橋とともに設計されました。その清洲橋の全景をじっくり眺められるのが、この広場なんです。ここからの眺めは、『ケルンの眺め』と言われています。清洲橋は当時、世界でもっとも美しいと言われていたドイツのケルンにあったヒンデンブルグ橋のデザインをモデルにしていたので、そう呼ばれてます」
隅田川の流れの向こうに曲線が美しい清洲橋が見える。都会の中にありながら、水辺を感じられるこの場所。ライドの小休止に、ぜひお立ち寄りを!

隅田川橋の一番人気「清洲橋」へ

オススメ度 5

隅田川にかかる橋の人気投票をすると、1位になることが多いという「清洲橋」。確かに緩やかなアーチが美しい。
「清洲橋と永代橋は、その見た目からそれぞれ女橋と男橋と呼ばれています。その対比は構造にもあって、清洲橋の吊り橋のアーチと、永代橋のアーチの曲線は逆さまにすると一致するんですね。その辺りも非常にデザインされていますよね。ちなみに、清洲橋も永代橋も関東大震災の復興事業の一環で造られた橋ですが、事業を担ったのは一番予算があった復興局です。ですから、造りは非常に頑丈で、またデザインもすごく凝った造りとなっています」
清洲橋は構造的には吊り橋だが、吊り橋というとレインボーブリッジのようにワイヤーで吊っているイメージがあるが、清洲橋にワイヤーは使われていない。
「そうなんです。現代の吊り橋は、細いワイヤーを何本も合わせて太いワイヤーにして橋桁を吊りますが、当時はワイヤーなんてないですから、細長い鉄の板をつなげて橋桁を吊っていました。いまの吊り橋はワイヤー(ケーブル)を固定するためにワイヤーの端にアンカーレッジという大きな重りをつけて、それを橋の先の地面に埋め込んで抜けないようにすることで張力を保ちます。ところが、清洲橋の構造は自定式吊り橋といって、ワイヤーの先端は橋の途中で終わっています。これは橋が橋そのものの重さでワイヤーの張力を保つという構造なんですね。これも珍しい構造で、すごく理にかなっています」
材料も乏しいなか、知恵と技術で造られたということだ。清洲橋は、1928年(昭和3年)に竣工され、2000年には永代橋とともに土木学会が定める「第1回土木学会選奨土木遺産に選定、2007年には勝鬨橋、永代橋とともに国の重要文化財に指定されている。

男橋「永代橋」は、頼れる男のように強かった

オススメ度 5

河西さんが隅田川橋梁群のなかで一番好きだという永代橋は、女橋と呼ばれる清洲橋に対して、男橋と呼ばれている。
「永代橋も関東大震災の復興事業で造られた橋ですが、この橋の何がすごいかというと、最初からものすごい長寿命化が施されているところです。そのために日本初の技術をいくつも導入しています。一番驚くのは、橋の下の橋脚部分です。橋脚は鉄筋コンクリートで造られていますが、鉄筋の周りにかぶせるコンクリートの厚みは40㎜というのが一般的なのですが、永代橋は100㎜ほどあります。仮に1回ヒビが入ったとしても、100㎜の厚みがあればヒビが中まで入っていきません。しかも鉄筋の代わりに、より強度のある列車のレールが使われています。鉄骨を使って、かぶり(業界用語)のコンクリートを厚くして、さらにその周りを御影石で覆っている。これは絶対に壊れませんよ!」
と、やや興奮気味に話す河西さん。そうした頑丈な作りが永代橋の男橋たる所以なのだろう。
「永代橋はソリッドリブアーチ式と呼ばれる構造で作られており、分厚く巨大な鉄板が必要でした。ただ、橋に使うための巨大な鉄板はありませんでした。ところが、当時、軍艦の軍縮条約であるワシントン条約で日本は軍艦を作れず、軍艦用の巨大な鉄板がだぶついていたんですね。永代橋は、その鉄板を採用して作られたという逸話があるんですよ」
そうしたエピソードもまた、歴史を感じさせる。
「この橋を作ったのは、田中豊という先生なのですが、とても先見の明があった人で、橋梁業界のエジソンのような人です。我々橋梁業界は土木学会に属していますが、毎年、その年に作られた橋のなかで優秀なものを表彰します。その賞を田中豊先生の名前をいただいて田中賞と言います。実は私、この田中賞の作品部門をこれまでに3つ獲ったことがあるのです!」
すごいっす、河西さん!
「1つ目が愛知県名古屋市の名港中央大橋、2つ目が愛媛県今治市の来島海峡大橋、最後が静岡県静岡市の新東名高速道路にかかる藁科川橋という橋です。3つ目の藁科川橋はマニア的にはなかなか有名な橋なんですよ」
藁科川橋の設計コンセプトは絶対に壊れない橋だそうで、永代橋とも近いという。
「永代橋もすごく良い材料を贅沢に使って、ギリギリの設計なんてしていません。だから、大型トラックが通行しても橋が揺れませんよね。頑丈なんですよ」
1926年(大正15年)竣工で今年90歳を迎えた永代橋。まだまだ、その雄姿を見せてくれることだろう。

兜がモチーフの「中央大橋」

オススメ度 5

1993年(平成5年)8月26日に竣工した中央大橋。ちなみに、レインボーブリッジも同じ日に開通している。
「中央大橋を中程まで渡ると、欄干の外側に石像が立っているのが見えます。この像は、パリのセーヌ河と隅田川が姉妹河川を提携した記念に当時のパリ市長だったジャック・シラクさんから贈られたもので、『メッセンジャー』と言います」
「メッセンジャー」は、エコール・ド・パリで活躍した彫刻家で画家、オシップ・ザッキンの作品で1937年に開催された「パリ万国博覧会」に出品され高く評価されたという。ただし、像は橋ではなく川の方を向いているので、正面から見るには隅田川水上バスに乗らなければならない。
「中央大橋の構造は、ケーブルで橋を吊って支える斜張橋ですがケーブルの調整が結構難しいんです。というのも、道がカーブしていますからね。ケーブルはその1本1本にテンションがかかっていて、本数が少なければ比較的楽に調整できますが、本数が多かったり、中央大橋のようにカーブしていると、ここを引っ張るとあちらが緩んだりと、調整はなかなか大変です。いまはコンピューターがテンションを計算してくれるので楽にはなりましたが、1㎜単位の調整が必要で、実際に調整するのは人間がやりますから繊細な技術が要求されます」
中央大橋の美しさは斜めに張り巡らされたケーブルと、それを支える主塔の独特なフォルムにある。白くそびえるその形は、日本の兜をイメージしてフランス人デザイナーが設計したのだそう。
「きれいですよね。これも全部溶接ですね。よく見ると、薄く横に線が入っているので、そこが溶接点だとわかります。これも現場溶接ですから、工事は大変だったでしょうね」

いつかまた、橋が“勝どき”を上げる日は来るのか?

オススメ度 5

何かと話題の築地市場にも近い勝鬨橋は、1940年(昭和15年)に竣工した可動橋で、日本で現存する数少ない可動橋でもある。
「橋の中央部分が左右に跳ねあげられ、橋が上がった形が勝どきを上げたようになるので勝鬨橋というわけです。もう1つ、この橋が勝どきになった理由があります。というのは、1940年に東京で夏季オリンピックが開催されることになっていて、当時、勝鬨橋は隅田川の最下流にある橋で、海外から客船で来る人をこの橋でお迎えしようという意味を込めて、橋を跳ね上げ勝どきを上げたような形にしようということで作ったわけです。しかし、日中戦争の激化によって、東京オリンピックの開催は中止となり、幻のオリンピックとなってしまいました」
それでも橋は無事に竣工し、当初、1日に5回、1回20分ずつ跳開していた。ところが、モータリゼーションの発達による交通量の増加により、橋を上げる回数は減っていき、1970年11月29日の跳開を最後に橋は開かれなくなったのだった。
「実はいま土木学会では、2020年に東京オリンピックが開催されることになったので、そのときに再び橋を上げようということで様々な運動を行っています。ぜひ実現させて、その時には思い切り“勝どき”を上げたいですよね」
こう笑顔で話す河西さんの表情は、夢を語る子供のように輝いている。幻の五輪から80年の時を経て、勝鬨橋がその腕を大きく振り上げて勝どきを上げる姿はぜひ見てみたい!

その道の専門家と巡るライド、第1回「隅田川橋ライド」は、これにておしまい! 河西さん、本当にありがとうございました!

あとがき

車で走っているとあまり意識せずに渡ってしまう橋だが、自転車だと橋に差し掛かる前のゆるい上りだったり、車道を走る際のちょっとした緊張感など、橋の存在を意識することが多い。また、橋から眺める川の景色は思わず自転車を停めて眺めてしまうこともしばしば。そんな橋への意識に新たに橋そのものの魅力を加えることとなった今回の橋ライド。特に隅田川には、歴史を感じさせる重厚感のある橋がたくさんかかっているので、橋を堪能するには最適だ。橋の構造や橋の名前の由来を考えながらの橋ライド、オススメです。

フォトギャラリー

このコースガイドを書いた人

編集部S
くるくるメディア編集部デスクです。あちこち走り回るぞ!