コースナビ

地図にも載ってない!?東京で一番まっすぐな道を行く!
~多摩湖自転車道~

地図にも載ってない!?東京で一番まっすぐな道を行く!
~多摩湖自転車道~

コース概要

「東京には10Km以上にわたるまっすぐな道路があるらしい…」
住宅が密集し、道路が入り組んだ大都会にそんな道路があるわけがないと思いつつ調べてみると、あった! 東京都下の西東京市を起点に、東村山市の多摩湖まで続く「多摩湖自転車道」。なんでも、東京都の人口増加に伴う水源確保のために1927年に作られた人工湖である多摩湖から、都市部へ水を引くために整備された道路とのことで、地下には水道管が通っているという。
この自転車道の起点は、井の頭通りと五日市街道が交差する場所で、井の頭通りの終点でもある。井の頭通りは、別名「水道道路」とも呼ばれ、まさに多摩湖から引いてきた水が、今度は井の頭通りに引き継がれ、長い旅を経て渋谷まで至るのである。
というわけで、今回我々は東京の水瓶を渋谷から辿るライドに出発することにした!

走行距離 35㎞ 所要時間 20分
お手軽度
4
地域 東京都
天気 晴れ 気温 18度