【栃木県】11/13 温泉ライダー in 喜連川温泉。公道封鎖で耐久レース!

一般社団法人ウィズスポ(東京都新宿区、代表理事:中島祥元) は、2016年11月13日(日)に栃木県 さくら市の「きつれがわ温泉」を舞台に自転車耐久レースイベント『温泉ライダー in 喜連川温泉』を開催する。公道を完全封鎖し、一周3.1kmの周回コースで耐久レース(5時間の部、2時間の部)を実施する。

『喜連川(きつれがわ)温泉』は、佐賀県嬉野市の「嬉野(うれしの)温泉 」、島根県 仁多郡奥出雲町の「斐乃上(ひのかみ)温泉」と並び、肌に対する効能が良い温泉として日本三大美肌の湯に選出されている名湯。当日会場では、足湯ブースや地元の名産・特産品を扱うブースも多数出店予定で、レースの合間に「地元グルメ」を楽しめる。現在エントリー受付中で、申込締切は10月20日(木)。

※ 本大会は「ツール・ド・ニッポン」のひとつとして開催され、本大会はシリーズ第12戦となります。

IMGP2224.jpg

温泉ライダー in 喜連川温泉~紅葉のクラシック~ (ツール・ド・ニッポン2016 第12戦)
■開 催: 2016年11月13日(日)
■会 場:フィオーレ喜連川(栃木県さくら市)
■参加費:5000円?1万円
■参加資格:中学生以上
■種 目:5時間・2時間エンデューロ
■主 催:一般社団法人ウィズスポ
■共 催:温泉ライダー in 喜連川温泉実行委員会
■特別協力:びゅうフォレスト喜連川
■事務局:ウィズスポ事務局(ルーツ・スポーツ・ジャパン内)
http://www.tour-de-nippon.jp/series/onsen-rider-kitsuregawa2016/

6_7.jpg

3_17.jpg

ポイント1:公道×5時間
普段は車や歩行者に気をつかいながら走る公道も、この日ばかりはサイクリストのために完全封鎖。舞台はフィオーレ喜連川という温泉住宅街。紅葉の季節に行うレースはまるで「落ち葉のクラシック」。2015年から「2時間の部」を新設し、ビギナーも参加しやすくなった。

ポイント2:プロ仕様の本格コース
アップダウンとコーナーが絶えず続くテクニカルコース。プロも認める、本格派コースで日頃の練習の成果を存分に発揮できる。2016シーズンの締めくくりに本格コースを堪能しよう。

ポイント3:温泉を堪能
日本三大美肌の湯と称される「喜連川温泉」の会場には、レース中に疲れた足を休める「足湯」を設置。走ったあとには、市内の温泉を堪能できる「温泉入浴券」を配布する。疲れた足を「日本三大 美肌の湯」で癒そう。